今年見た初夢の話

初夢って確か1月2日の夜に見るんですよね。普段から、超爆睡しちゃう私は夢なんて見た事ないっていうか、もしかしたら見ているのかもしれないけど、夢見た事なんて全く覚えていないのです。だから、きっと自分の人生で夢の事覚えてるのってこれが始めてだと思うし、しかもそれが1月2日の夜に見た夢だから今年の初夢って事になるんですよね。

っていうか、そもそも初夢ってなんなのって思いませんか?で、調べてみたら、初夢の内容で、1年の吉凶を占うみたいなんですが、一富士二鷹三茄子っていって富士山や鷹やナスの夢をみると縁起がいいなんて言われてるらしんだけれど、それって現代において信じている人なんて果たしているのかな?そもそも初夢の内容で、1年の吉凶を占うなんて私的にはナンセンスなんですけど?

なんで私がこんな事にこだわってしまっているのかというと、今年の仕事始めの日に同僚の愛子が、ねぇ私、初夢で彼にプロポーズされたんだ。きっと今年はいい事あるかもっていってきたので初夢でいい夢みるといい事あるんだ、じゃぁ私の夢って最悪の初夢って事になるじゃんって思ったんです。

私の初夢、それは何故か私、富士山の写真を見てそうだ、富士山に登山に行こうって思って登山グッズを買いに言ったら、店員の態度が凄く悪くて、そいつの名前が鷹山で、結局そのお店では買うのを止めて、他のお店に行く前にランチしようって思って入ったイタリアンでナスとトマトのパスタを頼んだら激まずだったという夢を見たのです。実際の富士山の夢じゃないし、鷹も鷹山って奴だけど、一富士二鷹三茄子の夢が縁起がいいとしてもすごい嫌な夢だったら1年の吉凶って一体どっちになるんだろう。