スポーツ選手の食事って大変そう

私には、とある実業団に所属してマラソンの選手をやっている友だちがいます。そいつとは小学校2年生のころからの付き合いで、その当時からすごく足が速かったのを、今でも覚えています。

齋藤教授/総説

高校ではスポーツ選手の憧れである国民体育大会=国体にも出場し、優勝ではなかったものの、見事3位に入賞。本人の希望もあって、そのままマラソンの選手として人生を歩むことになったのです。

岩手Farm to Tableフォーラム 研究会情報

その友人と私とは、高校まで同じ学校に通い、お昼ごはんなどを一緒に食べるような中でしたが、いつも「スポーツ選手の食事って大変そう」と思っていました。何故なら彼は、一回の食事を減らして、一日4~5回に分けて食べていたからです。しかも、その食べる内容が、「ご飯を食べている」ではなく、「運動するために栄養を補給している」と表現するようなもので、私から見るとすごく味気ない食事だと感じざるを得ませんでした。

プロテイン 選び方

一度、「その精進料理みたいなお弁当で、腹の虫は満足するのか?」と聞いてみたことがあるのですが、彼は「マラソンで勝つためだから」と、10代の高校生徒は思えない、非常にストイックな答えを返してきました。私はそれを聞いて、この人は運動するために生まれてきたような人なんだなと、感想をもったものです。